遠野物語 21 -若葉の季節-

アクセスカウンタ

zoom RSS 第61話  LPレコード

<<   作成日時 : 2008/03/08 03:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

                

 マスターの簡単かつ意味の無い答えに、僕らは喫茶店にコ−ヒ−を飲みに来た、ただのお客になっていた。マスタ−は自分の入れたコ−ヒ−を自慢したくて、僕らを呼びつけただけなのかと思った。
 こんな気持ちが燻っている中、サチは冷静な表情で、マスターに問いかけた。
「もしかして・・・この店の名前は、妹さんの影響ですか」
その的を得た質問に、少しためらいながら答えた。
「ああ、確かにそうだよ。あいつが死んだ後も、遠野物語の曲が頭から離れなかった。そして俺もこの町から離れる事が出来なかった。だからあいつの思いを残そうと、遠野の街外れに、飛行船という小さな喫茶店を開いた」
「そうでしたか」
サチはコ−ヒ−カップを両手で持ち、何か違う温かさを感じとっている様子だった。
「今日のコ−ヒ−は美味いだろう・・正直言うと昔からコ−ヒ−をいれるのが下手で、その日によって味が違うみたいで、時々来るお客に『コーヒー豆替えたのか』と聞かれる事もあった。実は昨日の夜、数十年ぶりに妹の遺品を整理していたら、コ−ヒ−の美味しい作り方のノートが出てきて、妹の書いた文字の懐かしさもあり、早速そのノートの通りにコ−ヒ−を作って見る事にした。それにはコ−ヒ−豆のいり方やすり方、そして粉の分量に対しての水の加減、そして蒸らし方、コ−ヒ−カップの温度など事細かく書いてあった。それを見て俺は赤面し、喫茶店の看板を堂々と出しているのが恥ずかしくなったよ」
マスターは少し苦笑いをしていたが、どこか嬉しそうにも思えた。そして初めてマスタ−を見た時に、缶コ−ヒ−を飲んでいた理由も、なんとなくわかった。
 そう言うと、マスタ−は店の奥に引っ込んでしまった。僕とサチは、どうしたのかと黙って見ていた。するとその方向から声がした。
「本当はそのノ−トが目的ではなくて、あいつの私物の中に確か有ったと思い、探していた物があった」
とマスタ−は言いながら、奥から持って来た物を、僕らの目の前に置いた。僕とサチは、カウンタ−の上に置かれた、その大きい正方形の薄い物に目が釘付けになった。しかし僕らも初めて見るもので、何なのか分らず首をかしげていた。
「これ なんですか」
「おいおい最近の若い者は知らないのか?これは君達が探していたものだよ」
マスタ−は、僕らがもう少し驚いてくれる事を期待していた様だったが、あまりにも無反応な態度に、少しがっかりし表情をしていた。
 すると一瞬間があいて、突然サチが立ち上がって言った。
「あーこれもしかして飛行船のレコードですか?」
サチは嬉しそうに、目の前に有るレコードをじっと見ていた。あまりの過剰な反応に、逆に僕が驚いた。
「そうだよ、君達が探していた曲が入っている、飛行船のLPレコードだよ」
「うゎーここまで来た甲斐があった〜よかった」
サチが大喜びするほど、僕には実感はなかった。けれど彼女が喜んでいる様子を見て、何処となく嬉しく思えた。
「これ聴く事出来ますか?」
「勿論聴けるよ、うちにはレコ−ドプレ−ヤ−が有るからね」
そう言うと、マスターは店の隅に置かれた、いかにも年代を感じさせる、黒くて渋い大きいオ−ディオに電源を入れた。コンパクトな時代には、この黒いオーディオセットは、僕らを威嚇していようにデカかった。カウンターに置かれたLPレコードの中から、黒く光る丸い物体を丁寧に取り出し、レコ−ドプレ−ヤ−のタ−ンテ−ブルに乗せた。そして備え付けのほこり取りで、レコードのほこりを丁寧にふき取り、小さな演奏会の準備をした。
「さあ かけるよ」
マスターにとって不慣れなのか、レコードの溝に震える指先でゆっくり慎重に針を落とす。妹さんの思い出の品に傷をつけないために、衰えた目でジッと針先を見ていた。スピ−カ−から、カサカサと聞こえてきた音が、やけに期待を持たせる。隣に座っているサチの、今か今かと待っている心の振動が、緊迫したこの空間を伝わり、僕の肌に感じて来た。
 マスターは面倒な説明をするより、実際に聴いてもらった方が、話が早いと思ったに違いない。何だかんだ言って、このマスターも僕らと居ることを、楽しんでいるようだった。


          遠野物語 21  心のアルバム

        風の時刻表.jpg





                 おしらせ 

             次回 第62話につづく・・・





 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
第61話  LPレコード 遠野物語 21 -若葉の季節-/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる